入居手続きのフロー(共通)

1. 相談・問い合わせ

入居に関して不明な点について、お気軽にお問い合わせください。

2.  入居等申込み

  • ■ 入居用施設使用申込書
  • ■ 企業等概要書・事業計画書
  • ■ (法人) 法人登記簿謄本、決算書(3期分)の写し
      (個人) 住民票、確定申告書の写し
  • ■ 企業等の概要が分かるパンフレット等 ほか

申込書ダウンロード

創業準備ブース申込書

ソーホーかごしま申込書

ソフトプラザかごしま申込書

※申込書は持参もしくは郵送。

3. 事前審査

書類審査 (資格要件)

4. 入居審査

プレゼンテーション審査

(内容:事業内容、経営内容、技術・市場性評価、地域への波及効果等)

※ソーホーかごしま創業準備ブースの場合、IMによる面談

5. 入居決定

有識者等で構成される検討委員会における審査結果を踏まえ、決定

6. 入居準備

電気・電話等の個別契約、インターネット関係など各種手続き

7. 入居

事業進捗等に係るIMとの定期面談、各種支援の実施

8. 卒 業

夢の実現・起業、独立開業、事業拡大による地域経済の活性化

資格要件

ソーホーかごしま

(1) 次に掲げる要件のいずれかを満たす個人、グループ、中小企業者、事業協同組合、事業協同小組合、企業組合、協業組合、特定非営利活動法人、一般社団法人及び一般財団法人

ア) 既に創業している者で、情報通信技術を活用して事業を行っている者

イ) 現在、事業を営んでいない者で、情報通信技術を活用して新たに創業しようとする者

(2) ソーホーかごしまを退去した後も、鹿児島市内で事業を継続する予定の者

ソフトプラザかごしま

(1) 日本標準産業分類(平成21年総務省告示第175号)に定めるソフトウェア業、情報処理サービス業、情報提供サービス業、インターネット附随サービス業、映画・ビデオ制作業、テレビジョン番組制作業、アニメーション制作業、音声情報制作業又はデザイン業のいずれかを営む者であること。

(2) 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項第3号に該当する者であること。

(3) 株式会社にあっては、発行済株式の数に対する前号に該当しない法人の保有する株式の数の割合が50%未満であること。

(4) 鹿児島県内に主たる事業所を有する者であって、申込みの日において、当該事業所を設置し事業を開始した日から起算して、10年を経過していないものであること。

(5) 主たる事業所をソフトプラザの入居用施設に移転しようとする者であること。